農大ニュース

ibanodai.exblog.jp
ブログトップ

普通作コースで今年初めての田植えは県育成品種「一番星」で

4月25日(火)、普通作コースの5号A田にて今年初めての田植えを行いました。今年度はレーザーレベラーで田面が均平に改善されたこともありこれまでに順調に代かき作業も進みました。
学生が一生懸命育てた県オリジナル品種である「一番星」の苗が次々と植えられていきました。田植機の操作も学生によって行われています。初めて田植機を操作する学生もいましたが操作に慣れると楽しそうに操作を行っていました。
今年度普通作コースでは「一番星」15aをはじめ,同じく県育成品種「ふくまる」を39a,「コシヒカリ」を60a,県育成品種「ゆめひたち」を12a作付けする予定です。今後も管理作業をしっかり行い,県育成品種の特性を把握して良質のお米をたくさん収穫できるように頑張っていきます。

f0232567_10101867.jpg







 田植機の操作

[PR]
# by ibanodai | 2017-04-25 09:58

新入生が入学し、平成29年度の学校生活をスタート

平成29年4月11日(火)、平成29年度農業大学校入学式を茨城町の長岡キャンパスにおいて挙行し,今年度は農業部45名、研究科6名、園芸部16名の合わせて新入生67名が農業大学校へ入学しました。
農業部では入学式直後に行われたオリエンテーションで授業や寮生活に当たっての説明を受け,早速,新たな学校生活が始まりました。
また園芸部では翌日の4月12日(水)に岩井キャンパスでオリエンテーションを行い、新入生がそれぞれ農大での目標や意気込みを発表し、気持ちを新たに学校生活をスタートしました。
農大ではこれから2年間、講義の他に専攻実習として,作物栽培を通したプロジェクト学習に取り組むことになります。農業部農学科新入生は普通作・露地野菜・果樹の3コースを体験してから専攻するコースを選びます。また園芸部新入生は、施設野菜・花きの全6グループを体験してから、専攻する作物及びグループを決めます。その後、それぞれ、プロジェクトの計画作成、調査、実習を進めていきます。
5月からは体育祭、東関東スポーツ大会と、行事が続きます。勉学に、交友にと、楽しい学校生活がスタートします。
当ブログでは今年度も、プロジェクト活動や様々な行事の様子を随時発信していきます!

f0232567_09502436.jpg







  農業部コース体験






f0232567_10562535.jpg




  園芸部グループ体験

[PR]
# by ibanodai | 2017-04-20 09:44

学生が半促成キュウリ栽培に挑戦中!

 園芸部施設野菜コースの学生が、プロジェクト学習で半促成キュウリ栽培に取り組んでいます。
 キュウリは生長が早く、摘芯や誘引などの地道で細かな管理を必要とします。初めてキュウリを栽培する学生の多くは、細かな管理と毎日の忙しさに驚いていましたが、懸命に取り組んでいます。
 キュウリ栽培を終えた後の学生は、自然に観察力や作業のノウハウが身につき、パワーアップすることができます。気温が高くなる3月末からキュウリの生長が早まり、ますます忙しくなりますが、皆で協力してキュウリ栽培プロジェクトに挑戦していきます。

f0232567_124342.jpg

3月下旬~定植後、生育旺盛なキュウリの管理作業
[PR]
# by ibanodai | 2017-03-23 12:07 | 農大ニュース(園芸部)

平成28年度卒業式を挙行しました

 3月16日,平成28年度茨城県立農業大学校卒業式を茨城町の長岡キャンパスにおいて挙行しました。在校生や保護者,多数の来賓の方々が参加し,卒業生の門出を祝いました。
 今年度は,農学科38名,畜産学科5名,園芸学科24名,研究科6名がそれぞれの課程を卒業し,大森学校長から各科の代表に卒業証書が授与されました。また,学業成績が特に優秀な卒業生に対して茨城県知事賞などの表彰も行われました。
 卒業生は皆,農大で学んだ技術や知識,そして仲間と過ごした素晴らしい思い出を胸に巣立って行きました。4月からは就農,就職,進学と,それぞれの新しい人生を歩んでいきます。茨城農業の新しい時代をリードする人材へ成長してくれることと,職員一同期待しています。
 多くの皆様のご協力・ご支援により,素晴らしい卒業式を挙げることができました。深く感謝申し上げます。

f0232567_22054999.jpg

















卒業証書授与


f0232567_22073727.jpg

















答辞


f0232567_22085555.jpg

















記念写真撮影

[PR]
# by ibanodai | 2017-03-17 18:43 | 農大ニュース(農業部)

旬より早い!ハウス栽培のトウモロコシ!

 園芸部施設野菜コースの学生は、土作りをはかるためトウモロコシのハウス栽培を行っています。トウモロコシは暖かいハウスで栽培することで、一般的な収穫時期である8月より早い5~6月に収穫することができます。旬より早いトウモロコシは、園芸部直売所の人気商品です。
 今年は学校全体で約1万本のトウモロコシをハウス栽培する予定で、現在、育苗や定植の真っ最中です。おいしいトウモロコシを栽培するためには,品質の良い苗づくりが1つのポイントとなります。良い苗ができるよう、学生は皆で協力して、毎日かかさずトウモロコシの観察と管理を行っています。

f0232567_17281140.jpg


f0232567_17283883.jpg

[PR]
# by ibanodai | 2017-03-13 17:29 | 農大ニュース(園芸部)