「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

農大ニュース

ibanodai.exblog.jp
ブログトップ

農業部2年生が先進農家で長期実習に取り組む

 農業部2年生の学生13名が、県内の農業経営者宅において、7月25日から一ヶ月間の先進農業派遣実習(Ⅰ期)を行っています。先進農業派遣実習は、農業大学校における特色ある授業の一つで、普段学習している学校を離れ、県内の先進的な農業経営を行っている経営者宅に宿泊などをしながら、栽培技術や経営、農業経営者の生活等を学ぶことを目的としています。学生は学校の中だけでは学べない農業経営者の考え方や技術などを学ぶことができ、農業への思いを新たにしながら実習に取り組んでいます。
f0232567_9493726.jpg
定植機械によるキャベツ定植の様子
f0232567_9495134.jpg
ベビーリーフの定植作業の様子
[PR]
# by ibanodai | 2016-08-23 09:56 | 農大ニュース(農業部)

研究科、東京ビッグサイトで学ぶ

 7月29日に研究科1,2年生9名が特別講義で、東京ビッグサイト(国際展示場)に行ってきました。7月27日~29日に開催された施設園芸・植物工場展を視察するためです。

 研究科は、農業大学校養成課程(農学科、畜産学科、園芸学科)を修了した学生が主に進学する課程で、農業経営や地域づくりに関してより深く学ぶ課程となっています。校外学習も多く、その一環で今回の視察研修となりました。

 この展示会は、施設園芸に関する資材や設備、植物工場の施設や管理ソフトなどの展示・商談会で、今回はロボットスーツの展示などもありました。

 学生は、興味のあるブースを訪問したり、会場で開催されたセミナーに参加したりして思い思いに学習していました。
f0232567_18322926.jpg 着てみました♪確かに腰への負担は小さくなります。


f0232567_1833517.jpg 植物工場のシステムの展示がたくさんありました。


f0232567_18333468.jpg こんな展示も。アメリカ版軽トラ(農家に1台!)みたいな車。

[PR]
# by ibanodai | 2016-08-18 18:36 | 農大ニュース(農業部)

「小型車両系建設機械」運転特別教育を実施しました

 8月1~2日に,農業部1年生の希望学生を対象として,「小型車両系建設機械」運転特別教育を農業大学校長岡キャンパス内で行いました。
 1日目は,関係法令,車両の走行装置や作業装置の構造,取扱方法等に関する講義が,2日目は実際に建設機械を使った実技講習が行われました。
 たいへん暑い日でしたが,学生は汗をかきながら,将来のための資格取得に頑張っていました。

f0232567_10422637.jpg









ホイールローダの操作実習
[PR]
# by ibanodai | 2016-08-10 10:48 | 農大ニュース(農業部)

オープンキャンパスで農大農業部の魅力を紹介

7月27日(水)に,第2回オープンキャンパスが農業部のある長岡キャンパスで開催され,県内外から,高校生とその保護者あわせて75名が参加しました。

 今回は,学生による学習成果紹介として,普通作コース2年生荻谷さんが,1年次に取り組んだ「土壌改良資材の違いが水稲中生品種コシヒカリの生育,収量に及ぼす影響」について発表しました。
f0232567_7453684.jpg

 また,参加者は農業機械の操作・野菜の収穫と袋詰め・果樹の収穫・牛の管理と体格測定などの実習を体験し,学生が栽培したブドウやメロンを試食しました。
f0232567_7455580.jpg

f0232567_7472045.jpg

 参加者からは「学校の雰囲気が楽しそうだった」,「農業を本格的に学べる学校だとわかった」等の声が聞かれ,大盛況で終えることができました。

たくさんの方にご参加いただき,ありがとうございました。

次回は
第3回 園芸部岩井キャンパス 9月10日(土) 
第4回 農業部長岡キャンパス 9月24日(土) に開催します。
また,学校見学は随時受け付けておりますので,農業大学校への入学を考えている方や関心のある方は,ぜひご来校ください。
[PR]
# by ibanodai | 2016-08-04 07:48 | 農大ニュース(農業部)

フラワー装飾技能検定に挑戦!

 農業大学校園芸部2年生8名は、フラワー装飾技能士3級取得のため、技術の向上を目指し練習に励んでいます。
 フラワー装飾技能士3級検定は、7月17日に学科試験、8月7日に実技試験が実施されます。実技試験は、バラ・カーネーション・葉物の花材を用い、花束とリボン、バスケットアレンジメント、ブートニアを規定どおりに時間内で作成するもので、合格のためには、何度も製作を重ねて指導を受け、技術を習得しなくてはなりません。
 7月27日には茨城県フラワー装飾技能士会の田口先生のご指導のもと、第一回目の補講が行われました。 全員合格できるよう、さらに技術の研鑽を積みます。

f0232567_16371861.jpg

田口先生による実技指導の様子


f0232567_16382587.jpg

学生の試作品
[PR]
# by ibanodai | 2016-08-02 16:39 | 農大ニュース(園芸部)