農大ニュース

ibanodai.exblog.jp
ブログトップ

プロジェクト学習(花きコース)でシクラメン栽培に取り組んでいます

農大では「プロジェクト学習」という教育手法で学習に取り組んでおり、学生が自ら課題を設定し、栽培試験を行いながら解決方法を学びます。

 入学して、5月に希望コース配属が決まると、プロジェクト学習が始まります。

花きコース鉢物グループでは、今年、「シクラメン栽培」を課題にしています。 現在、約20品種のシクラメンを種まきし、育てながら、花き栽培の基本を学んでいます。
 
 プロジェクトとして試験品種を選定し、生育調査や経営評価をしながら、栽培管理の方法や品種の特徴、収益性などを学びます。

今期の作付けは、昨年11月の播種からスタートしており、6月に1回目の鉢替えを行い、8月下旬に2回目の鉢替えを行う予定です。


 1年生にとっては初めての経験ですが、2年生や職員の支援を得ながら、試行錯誤を繰り返して、栽培を進めています。

 半年後には、シクラメンの大きな花を咲かせ、喜びとともに、自分自身も成長したことを実感できることでしょう。

f0232567_13305060.jpg
           プロジェクト実績発表会(昨年栽培した教訓が1年生に引き継がれます。)

f0232567_13311084.jpg
           12年生が一緒に作業をすることで、2年生から栽培のコツを学びます。

f0232567_13320224.jpg
                1回目の鉢替え作業が終わりました!

[PR]
# by ibanodai | 2017-08-17 13:35 | 農大ニュース(園芸部)

卒業後の進路も見据えた授業(フラワー装飾演習Ⅰ・Ⅱ)

園芸学科の花きコースでは、フラワー装飾演習Ⅰ・Ⅱの授業が開講されます。


この授業では、フラワー装飾の専門家を講師に招き、実際に花束やバスケットアレンジメントを制作して、アレンジメントの基礎を学びます。

 現在、2年生は技能検定フラワー装飾3級資格取得を目指し、8月に行われる実技試験に向けて、日々練習を行っています。


 花きコースの学生の進路は、花き生産者への道の他に、花き関連企業への就職も増えています。就職する学生には、フラワー装飾の資格が卒業後の仕事に役立つため、資格取得に向けて真剣に取り組んでいます。

f0232567_13242923.jpg
                先生がアレンジメントを丁寧に教えてくれます

f0232567_13244980.jpg
                完成したバスケットアレンジメントとブートニア



[PR]
# by ibanodai | 2017-08-17 13:27 | 農大ニュース(園芸部)

短期先進農業派遣実習を行いました

農大園芸部1年生が,園芸部周辺の野菜および花き生産者方で,65日から1週間、短期の先進農業派遣実習を行いました。

 この実習は,実際の農業生産現場に触れる大変貴重な機会となりました。

 自家の農業経営と比較することにより問題意識を高めることができた学生や,初めての経験で生産規模の大きさに驚かされた学生など,多くのことを感じて、学んだ実習になりました。

 農大での勉強をスタートさせたばかりの学生にとって,今後の学習の意欲向上に繋がる有意義な経験となりました。

f0232567_16194907.jpg

[PR]
# by ibanodai | 2017-07-31 16:20 | 農大ニュース(園芸部)

卒業研究で切花栽培に取り組んでいます

 農大園芸部花きコース切花グループでは,2年生3名が卒業研究に取り組んでいます。


 栽培品目はコギク,センニチコウ,トルコギキョウで,それぞれの品目を一人で、は種・育苗から収穫まで責任をもって管理・記録・調査を行っています。
 日々の観察と適切な管理作業を積み重ね,取りまとめたデータを卒業論文として発表することが農大二年間の学習の集大成となります。

 各々の学生が、主体的に取り組んで良い花を咲かせて成果を上げ,将来へのステップとなるよう支援していきます。

 
f0232567_16152230.jpg
                       コギクの管理:整枝作業と観察     

f0232567_16131551.jpg
                       センニチコウ:収穫まであと少し


[PR]
# by ibanodai | 2017-07-31 16:16 | 農大ニュース(園芸部)

7月7日に校外学習で「大田市場・横浜南部市場」へ行ってきました!!

 農業部1年生45名が、7月7日(金)に「青果物の流通と販売」授業の一環で、東京都中央卸売市場大田市場及び横浜南部市場を視察しました。 中央卸売市場大田市場では、朝から実施されるセリや場内の見学を行った後、茨城県農産物販売推進東京本部職員より、茨城県産の農産物の取引の現状や今後の展望について話を聞きました。市場見学では、場内の広さや入荷する青果物の量に驚きの声があがっていました。 また、横浜南部市場では、青果物の鮮度や品質を保つために冷凍から冷蔵、常温までの多温度帯で管理された市場と物流機能を統合した施設を見学し、市場や実需者の視点に立った青果物の流通状況について学びました。 この視察を通じて、茨城県の農産物は多くの人の食を支えている、ということを学生達は改めて実感したようでした。

f0232567_15505324.jpg
大田市場見学の様子①
f0232567_16064922.jpg
大田市場見学の様子②
f0232567_16082293.jpg
横浜市場見学の様子


[PR]
# by ibanodai | 2017-07-13 16:10 | 農大ニュース(農業部)